新極真会空手静岡磐田永島道場 新極真会空手静岡磐田永島道場 新極真会空手静岡磐田永島道場 新極真会空手静岡磐田永島道場

HP管理人紹介

こんにちは。はじめまして。
当サイトの運営を行わせていただいている笹木俊介です。
現在は磐田本部道場で月に2〜3回稽古に参加させていただいています。
まず初めに、私はホームページのプロではなく、ちょっとやったことがあるくらいの素人なのでホームページが見にくかったりしたら申し訳ありません。

そんな素人が当サイトを運営するに至る経緯と、自己紹介をさせていただきます。

 自分は1999年10月 21歳の時に極真の門を叩きました。
その後、1年足らずでバイク事故により左の膝関節を骨折し、医師からは
「歩けるようにはなるかもしれないけど、走ることはできない。」
と宣言されました。
その後必死のリハビリを経てなんとか走れるようになるまで回復し、25歳の時に新極真会静岡西部永島道場(現在の新極真会静岡支部)に入門させていただきました。
この道場を選んだ理由は永島師範の人柄はもちろん、自由に発言できる空気感、道場生同士の仲の良さ、何より文武両道を掲げ、仕事などで社会の役に立つ人間になることと、そのために空手の稽古を通じて今まで出来なかった事に挑戦するという永島師範の精神が自分の考え方に合っていたからです。
見学に伺った日に即入門を決めたことを覚えています。

 その後、会社員を辞めて自営業で仕事を始めると忙しくなり、稽古にも行ったり行かなかったりしていました。後ろめたい気持ちがある私に師範は
「来れるときに来ればいい。仕事も大切だから頑張りなさい。」
と声を掛けてくれました。
その言葉を胸に、今まで出来なかった事に挑戦する事も空手の稽古と考え、不器用ながらも一生懸命お客様と接してきました。おかげで仕事も順調に進み、広告等は一切していないにも関わらず口コミとリピーターで忙しい日々を送れるようになりました。

 2015年 仕事が軌道に乗りスタッフも増え、久しぶりに稽古に参加しようと思い、稽古日を確認するためにふとホームページを覗いてみると、当時少し古くなってきつつあるガラケー用のサイトでした。
やはり前任者もプロではないため、内容が分かればいい程度の物でした。
その時、私としてはこんなにいい道場をちゃんと知ってもらわないといけない!
と強く思い、頼まれてもいないのに勝手にHPを作ってみました。
最初は5ページほどの、簡単な物でした。
しかし、







メニュー


新極真会静岡支部

NPO法人新極真会 静岡支部
支部長 永島文秋


当サイトへのご意見・ご要望は
こちらまでご連絡下さい
静岡支部ホームページ担当 笹木info@karate-shinkyokushinkai-shizuoka.org

新極真会静岡支部磐田永島道場集合写真

新極真会空手静岡磐田永島道場

新極真会空手静岡磐田永島道場公式フェイスブック

youtube動画倉庫


磐田市イメージキャラクターしっぺい

磐田市イメージキャラクターしっぺい

新極真会空手静岡磐田永島道場

2018年静岡県空手道選手権大会
第五回静岡県空手道選手権大会


2019年第五回静岡県空手道選手権大会
第四回静岡県空手道選手権大会


第24回全中部空手道選手権大会
第3回 静岡県空手道選手権大会


第24回全中部空手道選手権大会
第24回 全中部空手道選手権大会


新極真会空手静岡大会ポスター
第一回 静岡県空手道選手権大会の詳細はこちら

リンク


新極真会空手静岡磐田永島道場

磐田市イメージキャラクターしっぺい

日本骨髄バンクバナー

日本赤十字社
グーグルプラス



yaidu.htmlへのリンク

shizuokahigashi.htmlへのリンク